加齢による目の下のたるみ

リフトアップ

加齢による肌の悩みの中でも、多いものと言えば目の下のたるみです。
目の周りは卵の薄皮程度の厚さの皮膚しかないため、肌トラブルが現れやすい部位でもあり、そのため老化もすぐに現れてきます。
主に紫外線による影響や加齢によるものが原因となります。
年齢と共に肌の保護機能も低下してくるため、水分が蒸発しやすく肌がたるんでしまいます。
保護機能が弱っていると紫外線からの影響も受けやすくなり、さらに目の周りの悩みが深刻化してくるのです。
コラーゲンなどの保湿成分が減少してきて、肌がハリや弾力を維持できなくなり、皮膚や脂肪などが下垂することでたるんでしまいます。
また、顔の筋肉の衰えも影響していて、表情筋が衰えて肌がたるんでしまいます。
さらに、目がたるむことによって元々二重の人でも一重になってしまったり、二重の幅が狭くなってしまうことがあります。
ひどくなったたるみは自力で改善することが難しいため、美容外科などでの整形術が必要となるでしょう。

目の下にたるみができるのは、加齢や紫外線のみではありません。
瞬きの回数が少ないと目の周りの筋肉を動かす回数が減ってしまって、筋肉が衰える事で起こります。
パソコンやスマートフォン、テレビなどを長時間使用していると、自然に瞬きの回数が減ってしまって、目の周りの老化へと繋がってしまいます。
また、化粧品が影響を与えていることも少なくありません。
ファンデーションやメイク用品には多数の油が含まれています。
中には粘性が高く油分の多いものがあり、これが毎日肌に塗られることにより、肌の重みとなってハリや弾力不足の肌を下垂させてしまいます。
また、睡眠不足や疲労、目の使いすぎなどによる目の疲れが原因となっている場合もあります。

目の周りはデリケートなので、セフルケアだけで改善するのは難しいです。
そのような時には、専門家の手を借りて、美容外科で治療を受けるのも一つの手段です。
メスを使わない注射やレーザーなどの治療法もたくさんあり、安全性が高く即効性に長けているのが大きな特徴です。
高周波を使用して肌の奥の細胞を活性化してくれるサーマクールや、肌にレーザーを当ててコラーゲンの生成を促し、細胞を活性化する方法などもあります。
注射でヒアルロン酸やプラセンタなどの美容成分を目の下に入れて、目の周りをふっくらさせて、たるみやクマなどを解消する方法もあります。
また、目元に脂肪が厚くなってたるんでいる場合には、炭酸ガスレーザーで脂肪を取る治療もあります。

オススメリンク

二重になりたいなら沖縄の実績のあるクリニックがおすすめ!:二重形成が上手な沖縄のクリニックを徹底比較

綺麗な女性

エステとの違い

昔は、目の下に生じているたるみやクマを治すために、エステサロンへフェイシャルエステを受けに行く人が少…Read more
カウンセリング

身近になった治療

昔は「美容外科イコール美容整形手術」というイメージがありましたので、いい印象を持つ人があまり多くあり…Read more
OKサイン

メスを用いない方法

美容外科には「外科」という名称が付されていますので、メスを用いる外科手術しか受けることができないので…Read more
手術

年齢肌を改善

女性であれば誰しも、いつまでも若々しい美しさを保ち続けたいと願います。しかし、生きている限り、必ず年…Read more

関連リンク